三國志13 羈絆內政戰鬥及外交等系統全解

19 十二月

廣告

作者:都罵我大帥B

來源:三國志13吧

第一部分:關係網

羈絆(關係):
在本神作中,從普通武將到君主,你可以扮演各種人物。培養與別人的關係,是你一統天下不可或缺的。
當與其他武將發生了關係後 ,會有各種好處。例如實施內政時得到獎金、同在一個部隊時戰鬥力提升等得到對方各種各樣形式的幫助。與同一勢力武將和其他勢力武將多多發生點關係,都是很有幫助的。

絆を結ぶには、任務中に手助けをするなどして相手の武將との親近感を高めていく必要がある。
想得到對方幫助,與對方關係好十分必要。

親近感が高まった狀態で、感情が「感謝」または「好感」の相手武將を訪問すると「絆依頼」イベントが発生する。

訪問關係好到“感謝”“好感”的武將時,將會觸發“事件”。

孫策と周瑜の“斷金の交わり”など、特定の相手とは特別な絆を結ぶことができる。
像孫策周瑜這種,對方是特定物件的,將會結成特殊的關係。
(斷金:指的是力量可以切斷金屬的牢固友誼關係)

絆を結ぶことで、さらに多くの武將とのつながりが生まれる。
隨著關係的締結,你也與更多的武將發生了聯繫。(指的應是 他的朋友算你半個朋友)

絆を結んだ武將からは、內政や戦闘時に協力が得られる。
在內政和戰鬥時從好基友那裡得到了幫助。

絆を結んだ相手が持つ「特技」を修得することも可能なので、プレイヤー武將の成長にも大きく影響する。
從基友那裡可以學到特技,這對自身發展有重要幫助。

一.2登用
どこの勢力にも所屬していない武將や他勢力に所屬する武將を、自勢力に仕官するよう勧誘することができます。
プレイヤー武將が自ら「登用」を行う場合は、相関図上の共通の知り合いから「紹介」を受けるなど、築き上げた人間関係が力を発揮します。

你可以勸說在野武將和別人家的武將加入己方。在你親自去登錄武將時,兩方的中間人可以幫你介紹,你所構築的關係網就發揮了作用。

登用する場合も、対象武將とプレイヤー武將の関係性が重要となる。
登傭時,與對方的關係值十分重要。

登用したい武將との面識を得てから、その武將のもとを訪問することで登用が可能となる。
欲得其人,分為三步:認識、拜訪、關係差不多了,登傭

一、3 拜師
関係性を強めた武將に「師事」を行うことで、プレイヤー武將の統率、政治、武力、知力を強化したり、「特技」や「戦法」の修得・強化が可能です。
關係好的,可以向其拜師。拜師可提升武力、統率、政治、智力,也可學會或強化特技與戰法。

師事で獲得できる経験値は、実行武將と指導武將の能力差が大きいほど多くなる。

拜師獲得的經驗值與雙方能力差值成正比。

一定の確率で、指導武將と一騎討ちや舌戦を繰り広げることも。勝利することで、実行武將の能力アップだけでなく、指導武將の持つ「特技」や「戦法」を修得する事ができる。
一定概率下,會跟老師發生單挑或舌戰。贏了的話,不僅提升能力,還會學到老師的特技或戰法。

師事は、実行武將に対する指導武將の感情狀態が「感謝」や「好感」などいずれかの時に、一度だけ実行することが可能。
また、指導武將との親近感が高いほど良い効果が得られる。

拜師只有在雙方關係達到感謝或好感時才可能觸發一次。
並且與武將的親近度越高,效果越好。

一、4
籠絡/作敵
敵勢力の武將とも関係を築くことで、君主への忠誠を下げる「籠絡」や、自軍に寢返るよう工作を行う「作敵」を実行できます。
「籠絡」や「作敵」によって、戦闘や新勢力の立ち上げ時に、プレイヤーとって有利な狀況を作り出すことができます。
籠絡、作敵
與敵勢力武將有了關係後,可以對其使用籠絡與作敵。籠絡降低忠誠,作敵勸其叛變投降自己。
籠絡與作敵有助於你戰鬥和成立新勢力。

「籠絡」で君主に対する反感を煽ることで武將の忠誠が下がる。
籠絡降忠誠。

「籠絡」や「作敵」を行う際にも、対象武將との親近感が重要になる。
籠絡和作敵想成功也需要你跟他關係好。

「籠絡」で忠誠を下げて「作敵」で寢返り工作を成功させることで、その武將は戦闘時に自軍側に寢返るようになる。
寢返りは戦闘中に任意のタイミングで実行できるので、戦闘時において重要な切り劄となる。
籠絡降忠誠後實行作敵,成功的話,該武將將會在戰鬥時投誠。由於投誠時機可以由你操控,所以這將是你在戰鬥中的一個殺手鐧。

自勢力內でも「籠絡」で君主への忠誠を下げておくことで、「反亂」や「旗揚」によって新勢力を立ち上げる際に、その武將が呼応してくれる可能性が高くなる。
你也可以籠絡己方武將,使其降低對主公的忠誠,當你反叛和自立時,那個武將便更可能來追隨你。

關係網部分翻譯完畢,下一個是內政部分。

第二大部分第一節
2.1都市發展
都市の育成
各勢力の拠點となる「都市」は、建設する施設によって、內政任務実行時に內政値上昇効果が高まったり、作業期間を短縮できたりします。
建設できる施設は、大きく分けて「市場」「農地」「學舎」「兵舎」の4種類あり、それぞれ內政にもたらす効果が異なるので、プレイヤーの好みで都市を育成させることができます。

通過都市中建設的設施,可以提高內政任務完成後內政值上升量和縮短內政任務完成時間等。
設施大體分為市場、農田、學堂、兵營四種。效果各異,所以可以根據你的喜好打造城市。

市場商業関連の內政効果が向上し、任務実行時に都市の金収入を増やしやすくする。

提高你自身商業經驗,提高城市金錢收入。

農地農業関連の內政効果が向上し、任務実行時に都市で生産される兵糧を増やしやすくする。

提高自身農業經驗,提高城市農業產量
學舎「文化」を上昇させやすくし、人口増加上昇、兵器の修得などの「都市技術」を修得する。

學堂可使城市可以學到城市技術,例如提高文化、人口增加、可製造兵器(指井闌之類的)等

兵舎軍事関連の施設で、任務実行時に兵科の熟練を向上させやすくする。

兵舍,軍事相關的設施,任務實行後可使兵科熟練度的提高變得容易。

建てる施設によって都市の見た目も変わってくる。
由於建造了設施,城市面貌也發生了變化。

それぞれの施設の內政値を上げたり兵科の熟練度を向上させることで、より高い効果が得られる「上位施設」を建てることができる。
施設の使用條件に武將の階級が含まれていることもある。
在設施的內政值提高和兵科熟練度提高後,就可以建造更加強力的高級設施了。
設施要求武將官職。

「都市技術」を修得することも、都市育成の重要な要素となる。
獲得都市技術是都市養成的重要一環。

都市と都市の間に點在する「集落」を従屬させることでも、商業や農業の內政値上昇、新たな兵科の修得、さらには戦闘時における士気向上など、さまざまな効果が得られる。
「集落」は、使者を送ったり部隊で制圧して従屬率を100%まで上げることで従屬させることができる。
使都市與都市之間的“集落”從屬於你的話,可以獲得各種有利效果,例如商業農業內政值上升、獲得新的兵種,甚至戰鬥時士氣上升。

我困了,要睡覺了,拜

更新了下用戶端,發現可以發原圖。明天將會發原圖,讓大家看的清楚點。

日了,停水了,水果買完沒法洗。老老實實翻譯攢人品

任務狀:
這是本神作新引入的玩法。可以向麾下武將和自己發佈任務,從而施行內政與計略。
每個任務狀消耗一個命令。在任務進行中可對任務即時掌握。
並且,身份與能力與任務狀數量正相關。任務狀的數量是有限的,所以優先發展什麼,是戰略的關鍵。

內政畫面の左下が発行できる任務狀となる。[ ! ! ]マークの武將は手助けを求めてる狀態。

畫面左下就是可使用的任務狀,而被標記的武將處於尋求説明狀態。

任務を実行中の武將が手助けを求めてきた場合は、それに応じることでその武將との親近感を深めることができる。
幫助那些在任務施行時尋求幫助的人,可以提高親進度。

君主や太守の立場であれば、配下武將から任務を「提案」されることも。
自分が配下武將の場合は、逆に「提案」することで所屬勢力に貢獻し、功績を貯めることもできる。

當你當太守或君主時,麾下武將會向你提交提案。
當你是普通武將時,你也可以自己提交提案,提案採納後對己方作出貢獻,便可累積功績。,

功績累積到一定值後會升官,增加俸祿與指揮兵力。官職大到一定程度後,就會被任命為重臣、太守、都督等特殊身份。
成為高層之後你就可以對別人發號施令啦!感受草根逆襲那飛一般的感覺吧!

功績が一定以上に達することで階級が上がる。
功績累積後升官。

重臣に就任するチャンス。
也有了就任重臣的機會。

重臣に就任すると、獨自の任務狀を持ち、擔當分野についての提案ができるようになる。
擔當重臣後,將有特殊的任務狀可以使用,並且在自己分管的領域可以進行提案。

君主や都督、太守は、自らのブレインとなる重臣を自由に任命することができる。
君主都督太守可以自由任命自己的重臣。

君主和都督可以將手下軍師太守等高級別武將召集起來開會。會上可以設定“使命”,即對其他勢力城市的攻略和自己內政發展的方針。
“使命”達成後,會提高麾下武將忠誠和功績等增益效果。,

統治下の都市から、評定を開く都市を自由に選択できる。

可以從管理的城市中任意選取開會的城市。

累了,歇一會

別等了,我先睡兩小時各位,抱歉啦

評定では、さまざまな提案や意見が飛び交うことも。

會議上各種提案建議都有。

配下の立場では、他の參加武將との絆によって賛成票を増やしたり、対立する提案者を舌戦によって論破することで、提案を採用させることができる。

當別人小弟時,提出的提案會得到基友的支持,當然也有反對你的,你就需要跟他舌戰,贏了提案就會被採用。

補一張上一樓的圖。

統治者の立場では、配下武將の提案の中から、勢力の狀況や賛成數などを鑑みて、採用する使命を決定する。

而你是君主的話,就可以參考實際需求和該提案贊成情況,決定採用哪個。

補圖

內政部分翻譯完畢,下面是第三部分,戰鬥篇。

三國志一大魅力就是戰鬥。地圖。根據都市與地形的不同,將有不同的戰場任你馳騁。野外遭遇戰、攻城戰、水戰,都將會在本作出現。

野戰

攻城戰

水戰

敵都市の陥落を目指す攻城戦では、防衛側が有利になるため、雲梯や投石器といった攻城兵器を活用して効率よく攻める必要がある。

攻城可以使用雲梯和投石車

船を使って戦う水上戦では、船どうしをつなぐ「連環」によって攻撃力と防禦力を上昇させるなど、陸上戦とは異なる戦い方が可能。

水戰可以使用將自己船連在一起的“連環”,提高攻擊與防禦。

戰鬥中士氣十分重要。夾擊和壓制敵方的陣可以降低敵方士氣,讓其“潰走”,提升自己的士氣,使自己戰鬥力處於“高漲狀態”,是取勝關鍵。

通常攻撃だけでなく、挾撃などの特殊な戦術を仕掛けることで、自軍と敵軍の士気を大きく増減させることができる。
與普通攻擊不同的是,夾擊等特殊戰術可以大幅降低敵方、增加我方士氣。

戦場に點在する「陣」をめぐる攻防も、敵味方の士気に影響する。

攻失戰場上的陣,也影響著敵我雙方士氣。

戦闘中に発生する任務や提案を達成することで、自軍の士気をさらに上昇させることができる。
達成戰鬥中出現的任務,可以提高自身士氣。

敵の部隊を壊滅させることで敵の軍勢全體の士気を低下させることができるので、連鎖的に敵を撃破するといった戦い方が可能。
擊破敵方部隊,會降敵方全體部隊士氣,所以可能出現一潰皆潰這樣的連鎖反應。

敵部隊の士気を0にすると、「潰走」狀態となり、一気にたたみ掛けて壊滅させるチャンスとなる。
逆に自軍の部隊が「潰走」狀態になると、その部隊は操作不能となる。
敵部隊士氣為零時會“潰走”,一口氣滅了它吧。反之,己勢力部隊士氣為零時,也會潰走,且無法對其操作。

戰鬥時,可以消耗經時間積攢的采配點去釋放武將技能。例如騎兵的突擊、火計、挑釁等。

采配は、陣をできるだけ多く制圧することで溜まりやすくなる。
采配點積攢速度跟壓制的陣的數量正相關。

戦法は、必要な采配が溜まっている狀態であれば、任意のタイミングで発動可能。
只要才配夠了,你可以任意時間發動戰法。

敵部隊の士気低下と兵力の減少を狙う「火計」など、強力な戦法で敵を圧倒することもできる。
火計可以燒人降士氣,很流弊的。

除了火計之外,還有同樣很強力的戰法哦。

絆を結んだ武將が率いる部隊が近くにいると、戦法の効果や発動時間が強化される。
當你跟好朋友的部隊接近時,戰法的效果和持續時間將得到強化。

戰鬥開始前,要編輯部隊和選擇行軍路線。部隊基本攻防屬性參考統率。

部隊編制畫面では、主將と副將、兵科、兵器などを選ぶ。
兵科は大まかに、騎兵、槍兵、弓兵の3種類から選べ、それぞれ移動力の高さや遠隔攻撃などの特徴を持つ。武將の得意兵科や敵との相性を考慮して部隊を編制することが重要となる。

在部隊編輯介面上,可以選擇主將、副將、兵種、和是否攜帶兵器。兵種大體分為騎兵、槍兵、弓兵。部隊編輯最好參考武將擅長兵種和敵軍兵種。

できるだけ敵の妨害が無いルートを選んで、戦力を溫存したまま目標地點にたどり著くことが重要。

儘量選擇沒有敵軍阻攔的路線,保證攻城時部隊不被提前損耗掉。

敵も軍を出陣させてくる場合がある。雙方の部隊が接近することで戦闘が開始される。

也有敵軍主動出城迎敵的情況,當雙方靠近時,戰鬥就會打響。

第三部分翻譯完了,現在是最後一部分,外交。

累了,歇半小時。

與其他勢力的外交中,通過各種“交流”獲得的“恩義”,通過和對方武將的私交得到“推薦”,這兩點都會提高“交涉率”

恩義獲取方式大致三種,送錢、送貢品、滿足對方別的要求。並且,在你自己是使者時,可以使用依靠人際關係的“口添”,和跟對方舌戰的“折衝”,這使你能達成某些困難的外交。

他勢力との外交関係は戦略畫面からいつでも確認できる。

可隨時查看與其他勢力的外交情況。

交渉相手の選択畫面では、それぞれの勢力に対する「貸恩義」の狀態も確認できる。

在外交物件選擇介面,可以查看對各個勢力的恩義值。

交渉結果には実行武將の知力や特技「交渉」が大きく影響する。また、「恩義」を使えば成功率を大きく高めることができるため、十分に準備を整えて交渉に臨む必要がある。
使臣的智力和特技交涉術對交涉結果有很大影響。交涉時使用“恩義”的話,將極大提高交涉率。所以交涉前,請準備周全。

相関図で相手勢力內で自分と関係性の強い武將をチェックしておくことも重要。
交涉前應檢查下自己的關係網中有沒有在交涉物件手下任職的武將。

一定の親近感を持った武將に「口添」を頼むことで推薦狀を獲得できる。

可以對其用口添,獲得推薦狀。

「交渉率」をさらに上げるために、「折衝」を行って相手勢力の重臣と舌戦を繰り広げることも。
為進一步提高成功率,可用折衝,與對方重臣進行舌辯。

相手勢力との同盟が成立。「恩義」と「交渉率」によって外交交渉を成功に導くことができる。

就這樣,利用恩義和交涉率,同盟達成了。

翻譯完畢,感謝大家耐心看完。

廣告

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。